【簡単解説】カジノ法案が成立!IRの実態とメリット、デメリットとは?

メリットとデメ客船上でカジノ – 413047

旧ポルトガル領マカオは今や世界最大のカジノ都市。主に、大金を賭ける中国人VIPの投資を支えに、米ラスベガス・ストリップ(Las Vegas Strip)の6倍以上の収益を生み出している。12年の収益は、中国の経済成長が鈍化した影響で前の年から伸びが鈍化したものの、過去最高の億ドル(約3兆億円)を記録した。フィリピンとベトナムも巨大リゾート施設建設でアジア地域の市場シェア獲得をもくろんでいる。

ひとりディベート:カジノ解禁賛成派の論理

上記を前提にした場合、極めて興味深い事象が成立する場合もある。例えば、わが国企業が便宜置籍船を在外子会社経由取得し、この船舶のベースとなる基地を日本の港湾とし、日本人顧客を乗せ、日本の領海外へでた段階で賭博行為を船内で開帳する場合等になる。外国船籍の船舶、日本の法律が適用されない公海という前提をとった場合、形式的には問題が無いようにも思える。一方、便宜置籍船や在外子会社等は、実質的な支配権を糊塗する法律の抜け穴的存在でしかなく、その実効支配権がわが国企業にあり、当該船舶が日本をベースにして、活動しているとすれば、外国船籍といっても限りなく不透明な存在になってしまう。かつその船舶が、(もっぱら公海上で賭博行為に参加せしめる目的をもって)日本で顧客を誘致し、顧客を募り、船舶に乗船させ、日本領域外に出た時点で、賭博行為を開帳し、一定時間経過後にわが国のベース港に戻ってくるとすれば、どうであろうか。公海上とはいえ、その目的が、わが国国民に賭博行為をさせる目的をもって船舶に乗船せしめているとすれば、限りなく賭博開帳を幇助する行為に近い。「公海上であれば・・」という論理は、一つの論理なのだが、この場合には明らかに脱法的に利用しているだけであって、限りなくクロに近いグレーな領域に近いといえる。またたとえ、船舶所有企業が賭博行為に直接的に関与しておらず、場所を貸し、第三者にその運営を委ねている状況でも、賭博行為を幇助していると判断される可能性が高い。この場合には、米国でも問題となったCruise to No Where いわゆるギャンブル船で外国へ寄港する目的が無い公海でギャンブルをするためだけの船舶 に近い船舶航行の在り方になる。閉鎖空間である限り、限りなく問題が拡散することもないわけで、航行する船舶内での賭博行為はある程度柔軟に許諾してもよいではないかという議論になるのだが、国や地方の課税権も及ばず、監視・監督の在り方も極めて曖昧になり、これでは公正かつ公平なゲームが展開されるという保証もないことも事実となる。 海外における事例でよく参照される空港内カジノとしては、オランダのスキポル空港がある。確かにオランダのスキポル空港は巨大ハブ空港で空港内部に何でもあり、Holland Casinoが運営するカジノ施設も存在するが、規模も小さく、顧客も限定され、とてもペイする施設であるようには見えない。世界で最も成功している空港内カジノは、ラスベガスのマカラン空港であって、これは特殊例でラウンジや手荷物受取所等あらゆるスペースにスロット・マシーンを設置したもので、旅客の余った時間、余った小銭を短時間ここで消費するというコンセプトに近い。臨空地域における都市開発や地域開発の一環としてカジノホテルを設けるという発想は、韓国インチョンに外国人専用カジノとして実現した。但し、臨空宿泊施設に泊まり、ソウル市内で観光したり、ビジネスをしたりするにはやはり不便であるとの感を免れず、集客効果は限定される模様だ。余程の目的志向がある顧客か、空港周辺に宿泊せざるを得ない事情がある顧客が主たる顧客になるはずで、果たしてこのコンセプトが成功するか否かは、施設の実際の魅力、集客力やマーケッテイング努力にも係わってくる。 我が国において認められている賭博の在り方は、公営賭博しかない。官も民もあるいは国民一般も、賭博行為は公的部門のみが主催者となることができるという従来からある考え方や発想は、単純な形で吹き消すことはできそうにもない。制度的にも公が独占して担う新たな賭博種という考えは、立法技術的には単純となり、従来の制度を模して、新たな制度構築を考えることは不可能ではない。かかる発想により、(政権交代前の)旧自民党政権時代に衆議院法制局は、自らの試案として「国営カジノ構想」を議員に 非公式に)提唱、一部議員がこれに賛同し始めたため、かなり混乱した時期があった。その後も、官僚組織や一部民間主体の中には、(殆ど少数派に過ぎないが)現在に至るまで、かかる国営カジノや公営カジノ構想を主張している向きもある模様だ。諸外国をみても、モナコやオーストリアは国営ではないのかという議論もあるが、これは正しい認識ではない。いずれも民間企業が国の認可に基づき施行する形態で、国は一部出資者であったり、間接的に株式の一部を保持したりしているだけでしかない。官僚組織が考える国営カジノとは、国が自ら施行者になり、従来の枠組みから大きく逸脱しない前提を取り、この前提の下で実際の投資や運営を事実行為として民間に委託すればよいではないかという考えである。 IR*ゲーミング学会とは 入会案内 活動情報 IR*ゲーミング学研究 ニューズレター IR*ゲーミング コラム お問い合わせ。

ひとりディベート:日本でのカジノ解禁問題の背景

新しいデイサービスとして、ニュースなどでも取り上げられることが多かった「カジノ型デイ」。 肯定的な意見も多くある一方で、射幸心をあおる、税金で遊ぶのはどうか、などの批判の声 も出ていました。「県内にはまだこうした施設はないが、先行して対応することにした。高齢者がギャンブル依存症に陥る可能性もあり、見過ごせなかった」と兵庫県はコメントを出しています。 通所サービスを利用しない要介護者や認知症を患っている高齢者は多く存在します。こうした高齢者は、デイサービスは自分には合わないところだという先入観を強く持っています。軽度の認知症を患っている人は、 デイサービスで行われる体操や折り紙などに抵抗感を感じることも ある ようです。 今回の法改正では、事業者は「機能訓練として 利用者の射幸心を煽るおそれや依存性が強くなるおそれのある遊技について日常生活を逸脱して提供してはいけない」 とあります。ほかに、下記のものの使用が禁止されました。

「変わるデイサービス」娯楽施設化は受け入れられるのか?

Jiyu.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*