第1回 日本のIR制度の枠組み、IR施設を構成する施設類型と企業の参加形態

はじめて日本版カジノ – 459544

長谷川氏 ようやくか、という感想です。年に当時の石原都知事が東京お台場カジノ構想を立ち上げ、カジノは違法と言われていた頃からIR議員連盟(正式名称:国際観光産業振興議員連盟)が立ち上がり、議論は行われていたのです。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

予想される市場規模は、試算主体によって異なるが、1兆円前後の有望市場と見られている。これは、ゴルフ場(億円)、テーマパークや遊園地(億円)を超える規模だ(年 レジャー白書より)。  またアジアでは、4。 一方、日本においては、賭博(金品を賭けて、偶然性が含まれる勝負を行う)の常習、開帳は罪に問われる。「勤労の美風」を損ない、国民経済に悪影響を及ぼすから、と説明される。  しかし、国際カジノ研究所所長の木曽崇氏によると、このように道徳的に禁じるという考え方は、海外ではほとんど通じないという。儒教文化、特に朱子学や陽明学の影響が大きいようだ。なお、孔子は賭博を明確に禁じていない。 候補地として、最も有力なのは東京だろう。富裕層含め人口が多く、海外からの交通の便も良い。年にフジテレビが、いわゆる「お台場IR構想」を複数企業と提案したこともあり、お台場を有力視する海外の報道も多数見られる。  一方、大阪府は、松井知事・橋下大阪市長が誘致に意欲的だ。松井知事は、4月の「IR立地準備会議」で人口島「夢洲(ゆめしま)」を候補地として表明した。9月には、大阪市が検討している鉄道整備計画案が報じられるなど、開発に向けての動きも見られる。

待望のIR実施法成立、ナイトタイムエコノミーとの連携で期待される経済効果

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*