ダメ学生から世界王者に。賞金1億円を手にしたプロゲーマー・ふぇぐの逆転人生

賞金を手にしよう出金銀行 – 822108

上記の数式で、50万円が引かれていることに疑問を感じた方も多いでしょう。一時所得は50万円までの特別控除が認められています。つまり懸賞金が50万円までであれば、申告しなくても良いということになります(所得税法第34条第3項)。それを超える場合は、上記の数式に則って申告が必要です。 ただし、50万円以上の賞金でも、宝くじとスポーツ振興くじ「toto」は、「非課税所得」の扱いになります。これらに当選した場合は、金額の多寡に関わらず非課税です。しかしそれによってマイホームや自動車など高額なものを購入すると、税務署から問い合わせが来る場合があるので、当選の際に「当選証明書」を発行してもらっておくと安心です。

まずはPayPayに新規登録しよう!

それは年、大学3年生の秋だった。一緒に酒を飲んでいた先輩とたまたまゲームの話になり、「面白いからやってみろよ」と勧められたのが「シャドウバース」だった。 「俺、アプリとかやんないんですよね」というふぇぐに、先輩は「いいからとりあえず入れろよ」と、なかば強引にスマホにインストールさせた。仕方なく、その場で渋々ゲームを始めると、懐かしさを感じた。 実は、ふぇぐは小学生の頃から対戦型のカードゲームに馴染みがあった。プレイステーションや任天堂DSなどのゲームよりも、対面して紙のカードでやり取りする「遊戯王 デュエルモンスターズ」などにはまっていた。 残りの万円は銀行に入れて、いつものように飲み会や遊行費に使っていたが、ふぇぐの生活は少しずつ変わっていった。 ファミ通CUPの優勝者としてゲーム業界で名を知られるようになり、「シャドウバース」をネット配信する仕事がくるようになった。これは大学生が普通にアルバイトをするよりも良い収入になった。さらに台湾や韓国でプレーする仕事もあり、海外遠征するとまとまった金額の収入になった。

日本で最も有名なゲーマーのひとりに

ホーム ピグ アメブロ。 芸能人ブログ 人気ブログ Ameba新規登録 無料 ログイン。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*