「世界一ギャンブル依存症が多い」この国でカジノが失敗する理由

新比国ゲーミングスロット – 761378

ダイナムは、「Fortune Frogs」、「Fortune Frogs In Mid-Autumn」、そして「Double Frogs」の3つの新タイトルを、先週土曜の11月30日に稼働させた。同合弁事業のパチンコボーナスシリーズとハーズチャンスシリーズゲームのラインでは初のこととなる。

日本カジノはパチンコ・パチスロに勝てない

e-ゲーミングとは日本で言うところのインカジ インターネットカジノ にあたるわけだが、フィリピン国内では堂々と合法化されておりライセンス発行の下、各店舗が運営されている。e-ゲーミングと言ってもゲーム種は豊富で、バラエティに富んだスロットにバカラなどのカードゲームや各種ルーレットと、全てのカジノ系ゲームで実際にお金を賭けてプレイすることができる。 マニラ首都圏の大型カジノでは中国などの近隣諸国からの客層が多い中、一方の e-ゲーミングは大衆に人気がある。マニラまで足を運んでられない地元の名士も近場の e-ゲーミングで遊ぶ。さながら日本全国各地にあるパチンコ店舗のように一般に広く気楽に出入りして遊べるギャンブルの「場所」としての位置づけとなっているようだ。 従来型の現状 e-ゲーミングでは、ゲームはPC パソコン の画面上でプレイされており、通常のPC操作と変わらず、マウスを使ってクリックも必要であるし、もちろんキーボードも使用する。今回登場した新型 e-ゲーミングマシンは、e-ゲーミングのスタイルを根底からくつがえすインパクトを与えているようだ。まさにマシンであるがゆえに、大型カジノに設置のスロットマシン等となんら変わりがないことになる。 ゲームそのものはインターネット回線によるゲームソフト BBTECH社によるオリジナルゲーム が組み込まれていることに変わりはないものの、プレイスタイルに著しく変化が出てくる。PCで使っていたマウスやキーボードによる操作は不要となり、ボタン操作となる。スロットゲームならスピンボタンを押してゲームをプレイする。マシンに腰掛けマシンに向かってプレイする。大型カジノのマシンで遊ぶのと同じ感覚で楽しめる。 さらにホンモノ度合を増幅させるのが、直接マシンへ現金の投入である。 現状e-ゲーミングでは、中央キャッシャーシステムと呼ばれるところの、具体的にはまず店舗の受付カウンターで支払いをすると、PC上の画面に課金されると言う仕組みであるが、これが一新される。

松本バッチのだんまりゲーミング合宿 7日目「Apex Legends」

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*