カジノゲームベット戦略:ダランベール法(ピラミッド法)

シンプルダランベールカジノ – 664333

数学者であり物理学者であり哲学者でもある、ジャン・ル・ロン・ダランベールが開発したと言われるカジノ必勝法 「ダランベール法」 。

ダランベール法とは?

ダランベール法(ピラミッド法)は、ジャン・ル・ロン・ダランベールというフランスの数学者が開発したと言われる手法です。 ジャン・ル・ロン・ダランベールは、物理学者と哲学者としての側面もあり、まさに天才と言うべき存在です。 ダランベール法の特徴は、勝っても負けても資金の増減が緩やかになるということです。 マーチンゲール法のように、1回の勝利でそれまでの負けを全て取り戻せるというような手法ではありません。 ダランベール法は、長期的にベットを続けることで、利益を出しやすい方法であると言えます。 海外バイナリーオプション等でも有効な戦術ですね。 今回は8回目のベットで勝利し、マーチンゲール法では一気に負け分を取り戻す場合を想定しました。 しかし、7連敗した時、8回目で必ず勝てるという保証はどこにもなく、さらに7連敗を喫する可能性も十分にあるのです。 オンラインカジノにおける最大のリスクは、資金を全部溶かしてしまうこと。 マーチンゲール法ではそのリスクも十分にありますが、ダランベール法ならば、よほど運が悪くない限りは、心配ないでしょう。

ダランベール法とは?

ダランベール法とは、負けたときに次のゲームの賭け金を最初に賭けた額だけ増やし、反対に勝った時には同じだけ減らすというシンプルな戦略です。 最初に賭けた額と同額のときにゲームに勝利した場合は、次のゲームもその額を賭けます。 反対のバリエーションとして、勝った時に賭け金を増やし、負けた時に賭け金を減らす「逆ダランベール法」もあります。 ダランベール法を使用した場合、ゲームは以下のように進行します。以下は2倍配当のゲームをプレイした際の例です。 これは10回ゲームをプレイして5勝5敗ですが、最終的な結果は5ドルの負けとなっています。 ルーレット (赤黒、奇数偶数)、 バカラ (バンカー、プレイヤー)、 ブラックジャック などの2倍配当のゲームで利用することができます。 負けた分の金額を一度の勝利で取り戻したいという人は、勝つまで倍賭けを繰り返していく マーチンゲール法 の方が向いているでしょう。

ダランベール法収益シミュレーション

ダランベール法は負けるとベット額が増えます。 これはマーチンゲール法やココモ法と同じで、負けた時の損失を取り戻すことに焦点を置いたベット方法です。 負けるとベット額が2倍ずつ増加するマーチンゲール法と比較して、ベット額の増加が緩やかです。 そして、勝つことでベット額が減少するため、勝ちが続いている状況では負けによるリスクを減らせるという利点があります。 大きな特徴としてテーブルには最大で3名まで着くことができるので、他プレイヤーと一緒にプレイすることがあります。 そういう意味ではライブカジノと言っても良いかもしれません。 今回のプレイでも何回か他プレイヤーが着席することがありました。 そしてベーシックストラテジーは最も勝率の高い選択肢を選ぶものです。 詳しくは こちら の記事で詳しく説明していますのでご覧下さい。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*