地中海の宮殿「ハイアット リージェンシー ニース」を徹底紹介!

ヨーロッパの美しいハイアットホテルカジノ – 393687

航空券 レストラン 観光 はじめての方へ。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ニースの天使の湾に沿って、プロムナード・デ・ザングレが東西に伸びる。椰子の木が並び、南国の雰囲気が漂う海岸遊歩道だ。この大通りに面して、ニースで最もユニークなファサード建築を今に残すホテルが「ハイアット リージェンシー ニース パレ ド ラ メディテラネ」である。同じ通りにあるホテル「ル・ネグレスコ」(次ページで紹介)のベル・エポック建築と、パレ・ ド・ ラ ・メディテラネ(地中海の宮殿)のアールデコ建築はランドマークとなっていて、その2つの建築からニースの街の現代物語が綴られてきた。アントワーヌ・サルトリオによるファサードのレリーフ彫刻は、地中海に昇る太陽の光を背景に、2頭の海の馬から駆け上がり、空にはカモメが飛び交い、女神が豊かな自然の恵みを象徴する。夜には照明効果で、よりドラマチックに馬や女神の輪郭が浮き上がる。 パレ・ ド・ ラ ・メディテラネは、元々カジノを中心としたゴージャスな娯楽施設で、年にシャルル&マルセル・ダルマスの設計で完成した。今のファサードの柱の間が、地中海に向けて比類ないパノラマウィンドーだったのだ。2つの世界大戦の狭間、黄金の年代、グラマラスな年代には。世界のショーウィンドーたる華やかな存在だった。ジャンヌ・モローがギャンブルに身を崩す女を演じた、ジャック・ドゥミ監督の映画「天使の入り江」に出てくるカジノの建物である。ここのカジノは、当時モンテカルロのカジノと肩を並べる社交界の花形舞台だった。オープニングには、アメリカの富豪グールド夫妻の招待で、チャップリンを始め、当時のセレブ達が国内外から集まった。1,人収容の劇場では、エディット・ピアフ、ジョゼフィン・ベーカーやルイ・アームストロング、デューク・エリントン等、世界のトップスター達がステージに上がったものだった。 パブリックスペースのハイライトは、3Fのガーデンテラス。かつてカジノだった空間だ。特にフロントファサードの柱間にあるテーブル席で、グラスを傾けながら夕陽が沈む絶景を待つのはとてもロマンチックだ。ホテルのラウンジバーやレストラン「ル・トロワジエム」(Le 3e)も、屋根のないアトリウム的な空間のガーデンテラスに面している。プールは温水で、ニースには珍しく、冬でもアウトドアで泳ぐことができた。

世界で最も美しいと言われるカジノ

あなたはどんなカジノに行った事がありますか?世界にはいろんなタイプのカジノがあります。「ギャンブルをする事が大前提」の賭博場の雰囲気丸出しの、ちょっと雰囲気の悪いタイプのカジノだったり、「社交場が大前提」の気品溢れるカジノだったり、中間層が楽しめるエンターテイメント性がある「ちょうど中間のタイプ」のカジノだったり・・・。日本でいろんなパチンコ屋があるのと同じです。 その中でも、ヨーロッパの社交場として、ドイツの温泉保養地「バーデン・バーデン」に、年以上も前に作られたのが、今や「世界で最も美しいと言われるカジノ」と言われる「カジノ・バーデン」です。

ヨーロッパの美しいハイアットホテルカジノ – 926538

カジノバーデンのドレスコード

済州島の海沿いに建てられた、南の海が一望できるリゾート 「ハイアット リージェンシー チェジュ」 国際的なホテルグループが運営する名の知れた五つ星ホテルです。 青々とした海 と済州島の 緑が楽しめる景観の美しさ と、白を基調とした建物はまさにフォトジェニック!写真や絵画の中の風景を見ているような 南国風のハワイアンなリゾート気分 が楽しめます。 周りが海と広大な大地ということもあり、夕暮れ時には空と海面が夕日に染まるロマンチックな風景も楽しめます。 韓国で大ヒットしたドラマ「オールイン」や、韓国版の「花より男子」もこのホテルで撮影されたそうです。 美しい大自然の風景 や、 韓国では珍しい建築様式 も相まって フォトスポットとしても知られている人気のホテル です。 日本人にとっての魅力は、 フロントだけではなく殆どのスタッフが日本語で対応可能 なところです。 日本語に対応したパンフレット が用意されているところもありがたいですが、 人気のハイアットグループの系列だけあって親身で親切な接客が約束されており、安心して滞在できる優しいホテルです。 レストランに韓国料理と日本料理のビュッフェがあったり、堀りコタツ式になった個室があったりと 日本人がほっとしてしまいそうな演出が散りばめられています。 ロビーにあるカクテルラウンジ内のため池には生きた鯉が泳いでいたり、落ち着いた雰囲気の客室はどこか昭和の雰囲気を感じさせてくれます。 古めかしい中にしっかりとした清潔感のあるレトロな空気。のんびりとした滞在を楽しみたい方におススメのホテルです。 ウェルカムアメニティは済州島の名産であるミカンが常に用意されていたりと思わず和んでしまいそうです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*