【パチスロ懐古録】初代ミリオンゴッド

地方にもカジノアステカスロット – 288215

サンジュンは スロットにドハマりしていた時期 がある。

ユニバーサルエンターテインメント メダルゲーム・カジノゲーム

こんにちは、旅人美容師の KOH です。

ユニバーサルエンターテインメント

パチンコビレッジさんでは、きーうぃさんがパチスロのかなりカルトな演出やリール制御まで色々語っておられます。 ともぞうにはあんな素養や筆力はございません。 が、こいつとの出会いは衝撃的の一言でした。

マカオのカジノで、僕が一文無しになるまでの連敗物語

株式会社ユニバーサルエンターテインメント は、 日本 の パチンコ 機や パチスロ 機、 ゲームソフト などの大手製造メーカーである。 パチスロ 機の大手メーカーで、ミズホ、エレコ、メーシー、アクロス [2] 、ユニバーサルブロスをあわせた6社で パチンコ ・ パチスロ 機の製造・販売を行っており、これら子会社のパチスロ機種も、「ユニバーサルブランド」として認識されている。また、エンターテイメント業界自体にも強みを持ち、映画・格闘技などのイベント主催・協賛などを数多く行う。 Run Run 」の日本版である年の「スーパーピエロ」が旧ユニバーサルブランド最後のビデオゲームとなった。 その後、アルゼ時代に再度 アーケードゲーム 市場に参入し、後述の「ぷらっとネット」対応作品や、買収した セタ のマザーボードである Aleck64 対応のタイトルを数作出すものの、再度撤退している。同じくコンシューマー機には主にパチスロ移植作品をリリースする目的で プレイステーション 後期にようやく参入し、精力的にパチスロシミュレーションゲームを世に送り出した。子会社の日本アミューズメント放送ブランドで発売された作品もある。それ以外のジャンルとしては ノーチラス (年12月に解散済)が開発した「 シャドウハーツ 」シリーズがあったが、アーケードゲーム業界から撤退と同時にコンシューマー作品のリリースが途絶えている。 ユニバーサル販売時代はカジノ向けのスロットマシンを手がけていたが、ビデオゲーム同様に開発・販売は途絶えていた。 その後アルゼ時代に買収したSNK及びアドアーズの開発部門を統合し、国内メダルゲーム、及びカジノ向けマシンの開発を本格的に再スタート。 パチスロで採用されたリール部分が透明な液晶を使った筐体や、旧シグマ製タイトルのリニューアル版など、数多くのタイトルをリリースした。 その頃のゲーム機は今でもアドアーズ店舗、セガ店舗などで見ることが出来る。 しかしビデオゲーム同様、国内向けのアーケード撤退に伴い、メダルゲームの販売も終了となった。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*