ラスベガスで犯す過ちトップ10

勝ちポイントラスベガスカジノ – 346876

沢山のお客さんがいるカジノは、当然ですが、人気のカジノで、現地のアメリカ人も多く利用しています。そのため人気のカジノには人が集まっています。 中には観光客だけでなく本物のギャンブラーもいますので、ローベッターからハイローラーまで、いろいろなプレイヤーと一緒に、かなり楽しく遊ぶことが出来ます。ギャンブル好きにはたまらない遊び場です。

ラスベガスの代表的なカジノ

まず、結論から言うと 空港などの施設でスロットを打つのはやめておきましょう。 人が集まりやすいところに置かれたスロットマシンは、負けやすく設定されている ので注意してください。 日本のパチスロのように、 台の状態を回転数などから見極めるといったテクニックが一切不要 な点も大きな違いの一つとなります。

この旅行で行ったホテル

いざラスベガスでプレイする前に(マカオも当てはまりますが)、知っておくべきことがいくつかあります。 ラスベガスが何の根拠もなく「ファビュラス・ラスベガス(=ネオンサインが撮影スポットにもなってますね)」と呼ばれているわけじゃありません。 この都市を訪れる理由はいくつもがあります。 エンターテイメントショー、ナイトクラブやレストラン、はたまた結婚式も。ネバダ州は婚姻手続きが簡単なため、ラスベガスで思いつきで結婚しちゃった、ってことも。 映画:ハングオーバー! で、酔っ払って、朝起きたら結婚しちゃってた、ってシーンもありましたね。ドライブスルー結婚式っていうのもあるくらいですからね。 ほとんどのカジュアルギャンブラーは、まずカジノを散歩し、プレイする前に興味のあるゲームを少しの間、見守るのではないでしょうか? ジェームス・ボンドは映画の中で、いとも簡単に莫大な勝利を手にしますが、現実はそんなに甘くありません。テーブルですでに 高額ベットをプレイしているプレイヤー がいるなら、そのテーブルで$5ベットで参加するのは気が引けます。

いざ、カジノの中へ!マナーを押さえたスマートな遊び方

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ギャンブルは24時オープン。この制限時間から見れば、10時~夕方はショッピング、夕方~24時 まではホテルめぐりと有料ショー、0時~ 夕方はショッピングとギャンブルと睡眠に分けるのが1番効率的だ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*