沖縄・米軍基地には「合法カジノ」があった!

換金方法沖縄カジノ – 718045

国内では合法カジノは存在しないと長く言われてきたのですが、実は沖縄の米軍基地内に日本人も 気軽に遊べる合法カジノ が作られている事は、地元以外ではあまり知られていません。

ラスベガスの旅行ガイド情報

クラブハウスに近い駐車スペースには、すべて 「FLAG OFFICER 専用駐車場」 の文字が。 間違ってここに停めようものなら、車を戦車で踏み潰されそうな、そんな威厳ある赤い看板。 ちなみにFLAG OFFICERを調べたところ、日本の階級でいうところの大将、中将、少将クラスなら駐車可能みたいです。 ガンダムでいうとシャア大佐より上位なので、ほぼザビ家クラスの人間しか停められないのではないでしょうか。 とにかく、とっても偉い人専用のようです。 その後、ここにカジノがあるって聞いたんですけど… と話を切り出すと「ああ、このレストランの入口の前にある「GAME ROOM」がそうですよ」 とのこと。 えー?どうしよう。写真がないと記事を書けないんですけど… 記事にならなかったら、このランチは自腹になってしまう。 その後、必死に粘ったものの、やはり撮影は不可ということに。 スロットの名前は「TWIN WIN」。

なんとも分かりにくい場所に・・・

カジノには一攫千金の夢がある 。たまに世界のビックリニュース的な番組で「いきなり信じられないほどの大金を手に入れた人」が紹介されているが、カジノの聖地・アメリカのラスベガスでは「一夜にして大富豪」なんて話はそこまで珍しくないらしい……え、マジかよ! そこで今回は、カジノでひと山当てて豪遊するためにラスベガス……ではなく沖縄に行ってきた。というのも、 沖縄には日本人でもフツーに入れるカジノ があるらしいのだ。だったら行くしかないでしょォォォオオオッ!! 那覇空港から目的地までは車で約40分。道順をざっくり説明すると、沖縄自動車道「沖縄北IC」から国道号を北上し、目印である「倉敷ダム」の看板を左折。道なりに進んで行くと『 TAIYO GOLF CLUB 』の案内看板が見つかるだろう。ゴールは右折した先の「クラブハウス」だ。 ここ「タイヨーゴルフクラブ」は米軍の保養施設だが、日本人でもパスポートなしで入場が可能。日本にいながらアメリカを味わえる貴重なスポットである。施設内で使用される通貨は アメリカドル なので、必要に応じてATMもしくは施設内の両替所でお金を準備しよう。 さっそく筆者もATMで 50ドル を引き出して中へ……ドキドキしてきたぞ。入口脇には「この施設は、受入国負担事業として日本政府が建設し、アメリカ合衆国に提供するものである」と書いてあった。よく分からないが「ここはもうアメリカ」ということなのだろうか。とにかく気持ちが高まる。 さて、カジノで勝負をする前に向かったのが2階の『 Taiyoバー 』だ。戦の前に腹ごしらえ & 情報収集は必要不可欠。1階では健全なゴルファーたちが爽やかにくつろいでいたが、おそらくBARでは勝負師たちが秘密の情報交換をしているに違いない……しかし! BARには誰もいなかった。マジかよ。それではということで、ウエイターの方に話を聞いてみると「年3月にスロットを総入れ替えして、つい先日、 地元のおばあちゃんがジャックポットで大当たりしました 」とのこと……おいおい、おばあちゃん熱すぎるな。

【暴露!?】パチンコ店の遠隔お見せします。

敵を知り己を知れば・・・

3 skormama 875. SkiWeltUK 8 Paris 39 33 actv - actv 1 7 Phil J 824 29 itinary Wi-Fi Wi-Fi. 3 3 24.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*