クレジットカード比較

日本人限定カード決済 – 403473

海外の多くの国では、日本以上にクレジットカードが普及しています。むしろ、「クレジットカードがないと困る」という場面もありますから、海外旅行でクレジットカードは必需品といえます。 ここでは、海外におけるクレジットカードの利用シーンをご紹介しましょう。

海外でクレジットカードを使うメリットは?

キャッシュレス決済サービスを利用すれば、現金で決済するのに比べ、スピーディに会計を済ませられます。 スマホならポケットなど取り出しやすい場所に入れている方が多いので、出し入れのストレスがないというメリットがあります。 日中なら円程度、夜であれば数百円の手数料がかかってしまうことを考えると、「現金をおろす」という行為はできるだけ避けたいものです。 PayPayをはじめとするキャッシュレス決済サービスを使えば、手数料なしで残高をチャージできます。

日本人限定カード決済 – 919311

外国人観光客が増えている

日本を訪れる外国人観光客の数は、ここ数年最高を更新し続けています。年には世界的スポーツの祭典、年には大阪万博と大きなイベントを控えて、ますます外国人観光客が増えていくことが予測されます。そんなインバウンド需要に向けて、キャッシュレス決済への対応はとても重要です。 この商機を逃さないためにも、手軽に導入できるキャッシュレス決済についてご紹介します。 海外からの外国人観光客の数が毎年増え続けている のには理由があります。年頃からの円安傾向、政府による訪日観光客の誘致政策、LCCの就航などで、外国人観光客が日本に来やすい環境が整ってきているためです。 商売を行う店舗では、外国語が話せるスタッフを常駐させたり、数ヵ国語のメニューを用意したりと、さまざまな対応をしていますが、そうした 外国人観光客向けのサービスの中でも、重要なのがキャッシュレス決済への対応です。 インバウンド対応のポイントは? インバウンド対応で導入したいキャッシュレス決済。 インバウンド需要に対応するには、キャッシュレスは欠かせません。それは、 外国人観光客の母国の多くでは、キャッシュレス決済が常識となっている からです。 例えば、年の国別訪日観光客数(日本政府観光局調べ)によると、韓国と中国が全体のほぼ4分の1ずつと、外国人観光客の半分以上が、この2ヵ国からの旅行者です。世界で最もキャッシュレス決済が進んでいる国は韓国で、その決済比率は96。 このように、キャッシュレス決済が普及している国々からの 外国人観光客にとって、キャッシュレス決済が使えない状況は不便極まりなく、また店舗にとっても機会損失となります。 こうした理由から、外国人観光客のインバウンド消費には、キャッシュレス化が不可欠といわれているのです。

なぜ外国人観光客にはキャッシュレスなのか?

私たちは、毎日のようにキャッシュレス決済を利用しています。なじみがあるのはSuicaといった交通系の電子マネーでしょう。また、マイレージやポイントがつくことから、「できるだけクレジットカードで払う」という方もいるでしょう。 しかし現実には、 日本はキャッシュレス後進国といわれています。 家計消費に占める日本のキャッシュレス決済の割合は、年の時点で19。 韓国のクレジットカード普及率が高い理由は? 身近なクレジットカード大国!韓国のクレジットカード事情。 日本は、現金崇拝が強い国です。これは、治安が良く盗難のリスクが少ないことや、偽札の心配がほとんどないことから、 現金を持つことに対する抵抗がないことが要因といえるでしょう。 また、銀行やATMといった金融インフラが整っていることから、現金決済に不便がないという点も挙げられます。多少の手間はかかりますが、クレジットカード決済するよりも、 現金を引き出して使ったほうがわかりやすいという感覚です。 物やサービスを提供するお店側でも、キャッスレス化にブレーキをかける要素が見られます。 一番大きいのはコストでしょう。 クレジットカードでも電子マネーでも、決済の際には情報を読み取るための専用端末が必要です。これは、決して安価なものではありませんし、ランニングコストもかかります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*