平井前IT担当相はなぜキャッシュレス化を憂えるのか

ストラテジーカード現金化 – 775065

リクルートライフスタイルにくるまで、幅広い分野で様々な挑戦をしてきました。 最初に就職したITコンサルでは、金融機関向け基幹システム刷新プロジェクトの中で、各種案件の要件定義や設計・開発を推進。また、社内教育責任者として70名規模の新人教育を担当するなどマネジメントにも従事。 前職では、自社運営ショッピングモールのBIツール基盤刷新や営業BPRのための仕組みづくり、またソーシャルゲームのプロデューサーとして、年間億の売上を超える規模のヒットゲームを含む、複数のゲームを統括しておりました。 前職をやめる直前は、ネット決済サービスの営業戦略やマーケティング、新規事業の立案やアライアンスといった事業開発全般に携わっていました。 実はだいぶ前からリクルートの動きは定期的にウオッチしていて、モバイル決済の分野で新しいチャレンジをしてみたいという思いから、当時その分野で新規事業を推進していたリクルートライフスタイルに入社しました。

1.クレジットカードの現金化とは?

しかし、これらの現金化に関しては、明確な法律違反とはなっていないのが現状です。 なぜなら、買取式であれキャッシュバック式であれ、行為そのものはただ買い物をし、不要な物を売っただけ、キャッシュバックを受けただけ、という体裁ができているからです。 しかし、クレジットカード会社の規約には現金化を目的としたカード利用を禁じる条文があり、規約違反となっており、リスクのある行為であることは間違いありません。 法律的には違法ではないから、やっても大丈夫だというような考えは、絶対に持たないようにしましょう。 クレジットカードの現金化は、破産法第条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」 とみなされることがあり、その場合は、裁判所から免責(借金の免除の許可)が認められません。クレジットカードの現金化によって一時的に自己破産を逃れようとしても、最終的に自己破産すらも不可能にしてしまうことがあるのです。 どうしても現金が必要になった場合には、カードローンといった、キャッシングサービスを正しく使うのもひとつの方法です。 JCBが提供しているカードローン「FAITH」の、借りたお金を月づき一定額返済するキャッシングリボ払いの場合、金利は4。

第1章 安全?クレジットカードを現金化する5つの方法と、利率100%以上にするコツとは

中国国内でのモバイル決済事情

政府の旗振りで進められている日本のキャッシュレス化。だが、このままでは最終的な目標として掲げている80%に達するのは難しいのではないか。日経ビジネス11月18日号特集「 誰が得する〇〇ペイ キャッシュレスの闇 」では、顕在化している問題に加えて、根深く残る構造的な問題にも光を当てた。キャッシュレス社会に向け、持続可能な取り組みはどうあるべきか。前IT・科学技術担当大臣で現在、自民党デジタル社会推進特別委員長を務める平井卓也衆院議員に話を聞いた。 平井卓也氏(以下、平井氏) :要するに対中国だ。中国にキャッシュレス化であそこまで離されて、慌てて一気に進めようとしているのが現状だ。経済産業省もどちらかというと深く考えていないのではないか。年までに40%、その後は80%まで目指すとしているが、果たしてこういう社会を国民が求めているかどうかをもう一度立ち止まって考える必要がある。

年々上昇を見せる中国人観光客

日本国内への中国人観光客の数も年々上昇しています。日本政府観光局のデータによれば、年の中国人観光客数は万人、年は万人。そして、年4月現在のデータを見ても、年の同時期と比べ、約18%の伸びを見せています。 2 いずれの年も、国籍別で中国人観光客の割合が最も多く、インバウンド対策では重要な存在です。 中国国内で最もポピュラーなモバイル決済手段と言えるものが「AliPay 支付宝 」と「WeChat Pay 微信支付 」です。そのユーザ数はAlipayが4億人、そしてWeChat Payは6億に及んでいます。 年8月時点 4 中国の人口が13。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*