中級者以上必見!自分に合った海外FX業者の探し方

システム投資方法ドルボーナスチャンス – 539804

過去最大の下落幅を記録する歴史的なことが今起きています。 大暴落した翌日に大暴騰したり、後々教科書などにも載るレベルだと思います。 過去の歴史を紐解いてみると、年にリーマンショックが起きて、シンプルにいうと株価が大暴落した出来事がありました。

夏のボーナスで資産運用を始めよう!

吊られた男さんは、会社員として働くかたわらインデックス投資を続ける個人投資家。年にまったくの未経験から投資をはじめ、年4月末現在、 利益万円 、 損益率+55。 吊られた男さんのアセットアロケーションは、下の図のとおり。 日本株式と先進国株式、新興国株式で運用するインデックスファンドを、それぞれ 3:4:3 の割合で積み立てている 。 吊られた男さんは、前出の3つのインデックスファンドのほか、不定期で「上場インデックスファンドCNX Nifty先物()」と「NEXT FUNDSインド株式指数上場投信()」という2つのインド株式インデックス連動のETFも購入している。 吊られた男さんが投資信託を買うのは、あくまでも余裕資金が出たとき。 振り込まれた給与から生活費が引かれた後、ある程度お金が残っていたら投資する 、というやり方だ。 下のグラフは、投資開始以来の損益率の推移だ。よく見ると、 10年間のうち当初5年半はほとんどの期間でマイナスになっている 。インデックス投資は世界市場とそのまま連動するように運用しているため、サブプライムローン問題やリーマン・ショックで世界的に景気が悪くなると、自動的に運用成績も悪化してしまうのだ。

自動入出金(スイープ)とは?

そんな中、一連の株価暴落によって自分の資産を大きく減らしながら、「 下落なんてまったく気にならなかったし、やることも全然変わらない 。どうせならもっと大きく下がってくれれば良かった 」と淡々と語る個人投資家がいる。インデックス投資家の虫とり小僧さんだ。 虫とり小僧さんの運用成績を見ると、インデックス投資歴12年にして 投資資金を80%以上増やしている 。少しずつ投資資金を増やしていく積み立て投資でこの成績は、かなり優秀と言えるだろう。実は虫とり小僧さんが資産がここまで増やせたのは、リーマン・ショックによる大暴落があったからだ。 バランス型のインデックスファンドの中でも「eMAXISバランス(8資産均等型)」を選んだのは、このポートフォリオに落ち着いた当時、8資産に均等に投資するファンドがこれだけだったから。残りの2つ、「<購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド」と「野村インデックスファンド・新興国株式」を選んだのは、それぞれ先進国株式と新興国株式のインデックスファンド中で、当時、信託報酬などのコストがもっとも安かったからという理由だ。 ちなみに、 もし投資経験のない親戚や知人に「インデックス投資をしたいから教えて欲しい」と言われたら、まずは「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」をすすめている とか。 一時は10社以上の証券会社を利用していた虫とり小僧さんだが、現在利用しているのはSBI証券1社。 SBI証券には、「投信マイレージサービス」というサービスがあり、投資信託の保有額に応じてSBIポイントが付与されるからだ 。

ボーナスと取引コストのどちらを重視するか

海外FX業者にはそれぞれ、長所と短所があります。海外FX初心者であれば、まずは知名度で XM Trading を選ぶ人も多いですが、中級者以上になれば、それぞれの業者の長所を比較して自分に合った業者を探し始める人が増えてくると思います。 例えば、ボーナスが豊富な XM Trading (エックス エム)のスタンダード口座と一切ボーナスを提供しない方針の Titan FX (タイタン FX)のブレード口座を比較すると、スプレッドの差はこのようになります。 ほとんどの時間帯で、 XM Trading の方が1。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*