ラスベガスのカジノ全般の基礎知識

賞金を手にしようカジノ法案入場料 – 80842

Casimo編集部の笠原豪です。 今回は 日本のカジノ候補地 について紹介していきます。

関連記事(一部広告)

射幸心を煽る賭博行為を規制し、賭博行為の供給を規制することも賭博依存症に対する一つの有効な手段ではあるが、米国では、賭博行為そのものを規制し、民間施行者(カジノ・ハウス)の自由な活動を規制することに対する業界の反発は根強く、この問題に関し、事業者を規制する制度的枠組みは殆ど無い。唯一の例外が、賭博依存症を自覚する顧客を促し、顧客自らの意思による自己排除プログラム self-exclusion program を設ける義務を事業者に課すことで、これを制度として設けている州が多い。顧客がこれに違反し、カジノへ入場した場合には、状況次第で、家宅侵入罪を適用する旨を制度として規定している州もある。 競馬(グレイハウンド犬競技も含む)に関する賭け事は他の賭博と同様に、州政府管轄事項となり、州法の規定に基づき実施され、関係する主体は、州政府規制機関の免許を受け、その行動は規制の対象となる。また、競技自体は免許を得た民間主体(非営利のNPOであることが多い)が主催する。通常の場合、州政府の機関となる行政委員会としての「競馬競技委員会」ないしは「競技委員会」 Horse Racing CommissionないしはRacing Commission が規制当局として設置される。この委員会は、複数名の委員から構成され、知事による指名を得て、議会における認証により任命される。委員会は独自の事務局を設けることになり、執行役員(Executive Director)がこれを掌理し、その下に技術専門職や職員を配置する。賭け金はトータリゼーターと呼ばれるコンピューター・システムにより処理されるため、不正や悪が入りにくく、法の執行のあり方に関しては簡素化し、他の賭博種と同じ部局が担ったり、特別の体制をとったりしていない州が多い(法律により、州警察が競技委員会の要請に基づき法の執行を担保し、違法行為を取り締まるという形式がとられることなどが通例である)。 米国においても、ゲーミング・カジノは安心、安全という国民の信頼を得るためにはやはりかなりの時間と手間を必要としたということでもあろう。その他の州は80年代末から90年代にかけて、この経験を踏襲して、次々と制度化を実現することになった。現在では、所謂商業的賭博施設としてのカジノを認める州は下記となっている。当初は河川を航行するリバーボート・カジノにより限定的になされたが、段階的に様々な施設類型が認められていったという経緯になる。(競馬場併設スロット・カジノであるレーシーノやスロット・カジノを含めて)制度が創出された年順で、これら州を列挙すると、1 ネバダ州(年)、2 ニュージャージー州 年 、3 アイオワ州(年)、4 サウスダコダ州(年)、5 イリノイ州(年)、6 ミシシッピ州(年)、7 コロラド州(年)、8 ルイジアナ州(年)、9 ロードアイランド州 年 、10 ミゾウリ州(年)、11 インデイアナ州(年)、12 西バージニア州 年 、13 ミシガン州(年)、14 デラウエア州(年)、15 ニューメキシコ州 年 、16 ニューヨーク(年)、17 ペンシルベニア州(年)、18 オクラホマ州(年)、19 メイン州(年),20 フロリダ州(年)、21 カンサス州(年)、22 メリーランド州(年)、23)マサチュセッツ州(年)となり、制度化・法制化を議論している州も多く、今後も増える可能性が高い。 一方、年に創設された連邦先住民ゲーミング規制法(IGRA法、Indian Gaming Regulatory Act, 公法, Title 25 USC Sec )に基づき、90年代以降は、上記を含めた全米の殆ど全ての州において、先住民部族カジノ施設が州政府と個別部族との同意に基づき段階的に実現していった。実際に設立された先住民部族カジノの総数は、90年代、年代と飛躍的に増大し、今日ではその総数は通常の商業的カジノ賭博施設と類似的なレベルまでになりつつある。この意味では、商業的カジノ賭博と先住民部族カジノ賭博を切り分けて考えても意味がなく、例え州法としては商業的カジノ賭博施設が認められていなくとも、現実的には巨大な部族カジノ施設が州内に存在している以上、賭博行為が認められていないという状況ではありえないことになる。但し、制度や規制の仕組み、監視の仕組みは両者の間では大きく異なる。もっとも、顧客から見た場合、そこになんらかの差異を認識することは極めて難しい。 連邦「非合法インターネット賭博執行法」 Unlawful Internet Gambling Enforcement Act, 略称UIGEA法、全く関係のない港湾安全法の一部として採択された。31 USC Sec とは、年米国連邦議会で中間選挙前会期末の最終日に可決された連邦法である。採択された法は、オンライン・ギャンブルの行為自体を禁止することを規定しているわけではなく、インターネット賭博の決済に絡む金融機関に対し、非合法と判断されるサイトに対する支払いを処理することを禁止する内容である。サイバー世界におけるサービス提供であっても、決済はバーチャルではなく、リアルな世界になることより、決済を規制することにより、結果的にネット賭博の利用を困難にさせるという考えになる。連邦司法省は過去ネット賭博を取り締まる根拠として、従前より旧態依然とした年連邦「有線法」(Interstate Wire Act, 公法 75 Stat )を根拠としていた。この有線法を改正することで、ネット賭博を規制するという考えをとらず、新たな法律を設け、決済関係を規制の対象とすることで、結果的にネット賭博を締め出すという制度的枠組みを構築したことになる。法は1年以内に連邦財務省と連邦準備銀行に対し、法の施行を定める細則を定めることを義務づけていたが、年10月にその案が提示され、公開意見聴取を経て年11月12日に規則として交付された。一方、その施行には1年間の猶予期間が設定され、年12月末には法が施行する予定であったが、準備不足として、年6月末まで延長され、同年7月からようやく施行され、現在に至っている。

発想が「リゾート法」と一緒

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。

バナー・ベラジョンカジノ

国内 社会 年08月21日掲載。 実際、観光の専門家の中には、「カジノは経済の起爆剤にならない」と懐疑的な声が根強いのだ。地域振興の現場で奮闘する二人の専門家が「ぶっちゃけ」で語り合って話題を呼んでいる『 観光立国の正体 』では、シンガポール在住経験も持つ藻谷浩介氏と、スイス在住で各国の観光事情に詳しい観光カリスマの山田圭一郎氏が、次のように語っている(以下、引用)。 速報 自民党議員がご近所トラブル 焼肉店に「ダクトとファンを使うなら1日万円払え」。

IR*ゲーミング学会

衆議院本会議は15日、カジノを含む統合型リゾート IR の整備推進を目的とした「 特定複合観光施設区域整備推進法案 」を自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決、成立させた( NHK 、 ロイター )。 同法案は、大型ホテルや国際会議場、商業施設、カジノ等が一体となった統合型リゾート (IR) 実現に向けたもので、カジノ法案などとも呼ばれているように、これまで日本では認められていなかったカジノを中心としたリゾート施設の建設に繋がるもの。ギャンブルを公認することになることから、採決を巡っては大きな議論となっていた。成立を受け、今後政府は1年以内に詳細な制度設計を行い、またギャンブル依存症対策といった議論の中で指摘された問題への対策を打ち出していくことになる。 一部報道ではカジノ解禁法案などとも呼ばれているが、この法案自体はあくまで推進法案ということで、実際に解禁されるまでにはさらに1年後のIR実施法案の成立が必要とのこと( 解説ページ )。実際にカジノがオープンするのは、最短でもオリンピックの頃になりそうである。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*