米カジノ王・アデルソン氏 「ベガスを変えた。シンガポールを変えた。次は日本だ」

新世代ギャンブルベガスカジノ – 865709

場所がよく、歩いてストリップストリートの観光ができます。 大きなホテルなので、ホ。

カテゴリーを絞り込む

の代表 岩瀬昌美氏による現地レポートをシリーズでお伝えします。売り場、現場の最前線で何が起きているのかはもちろん、いまなお米国に在住しているからこそ分かる生活者の反応や日本市場との対比なども交えてお届けします。 5回目は、いま日本でも話題になっているカジノ。その本場であるラスベガスで発表されたレポートについてお伝えします。 日本ではIR(統合リゾート)推進法案、通称カジノ法案の論議が、どういうわけかギャンブル依存症の話に偏っているように見えます。一方、年に4億人以上が訪れるギャンブルの本拠地、ここラスベガスの「ラスベガスコンヴェンション・アンド・ビジター オーソリティ」が今年4月に発表した、40年続けている人へのインタビュー結果を見ると、日本のIRに関する論点がいかに的外れなのかがよくわかります。 まず、ラスベガスに行く理由として「ギャンブルをするため」を挙げている人は、驚きのたった1%! もちろん、行けばギャンブルをするのでしょうが、ラスベガスに行く人の主な理由はあくまでバケーションなんです。家族で訪れても、子どもが1日遊べるプールや水族館がありますし、昔はまずいバイキング=ラスベガスだったのが、今では世界中のトップレストランがそろっています。ここカリフォルニアの人にとって、ハワイはお金のかかるバケーションですが、ラスベガスは車で行ける、手軽かつ子どもから80代まで誰もが楽しめる何かがある、格好のエクスペリエンス・バケーション・デスティネーションなのです。

公式アニメPV公開中!

カジノやギャンブルの世界には、興味深い神話や伝説が多くあります。 例えば、ネバダ州刑務所内に1932年から35年間カジノがあった!フェデックスの創業者はブラックジャックで大儲けして会社を救った!夢中になりすぎてカジノ内で排泄してしまう依存症者!等。他にも意外と知らない以下10項目を ラインアップしました。 名前の由来は1765年イギリスの4代目ジョン・モンタギュー・サンドイッチ伯爵が、食べる時間も惜しむ程大のギャンブル好きで、プレイしながら手を汚さず食べられるよう召使にスライスしたパンの間に肉等を挟んで持ってくるように言ったのがサンドイッチの 始まりです。実際には、サンドイッチ伯爵は仕事中に食べていた方が多かったようです。ヨーロッパでは既にパンと肉のコンボを何世紀も食べていましたが、この伝説はフランス人が書いたロンドンガイドに記され、サンドイッチの名前とカジノに夢中であったというゴシップストーリーから広まりました。 ギャンブル依存症者のために、米国、シンガポールや韓国ではカジノに足を踏み入れるのは犯罪となる入場制限の申請ができる「自己排除申請制度」を実施しています。 例えば、米国のオハイオ州では、1年、5年、または生涯禁止の「自己排除申請制度」があって、一度生涯禁止を選択した場合それを撤回することはできません。 意外と知らないカジノとギャンブル業界10の事実 5。

パチスロ 最新動向 &新世代ギャンブル・オンラインカジノ!

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。 現在、IRの整備に向けた自民党のプロジェクトチームで座長を務める岩屋毅衆議院議員に話を聞きました。 「日本では、小泉政権のころから『カジノを作りたい』という声が地方自治体から出ていた。しかし、ギャンブルを禁止している刑法に風穴を開けるのはハードルが高く、政府は門前払いをしていた」。 そうした中、それまでカジノを禁止していたシンガポールで、国の財政難の打開策としてIRの整備を認められたことをきっかけに、2010年、当時の民主党政権時代に、与野党の有志の国会議員で構成する議員連盟が設立されたということです。 岩屋さんは、「当時はまだ観光が国の中心的政策ではなかった。その後自民党が政権を奪還し、安倍政権になって、成長戦略に『観光立国』が盛り込まれて以降、IRの実現をめぐる議論が加速化した」と説明しました。

アメリカのカジノ・ギャンブル ランキング

来日中の米カジノ運営大手、 ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands) CEOのシェルドン・アデルソン(Sheldon Adelson)氏は、カジノ解禁に近づく日本市場は、国際会議場や大規模イベント施設を軸とする統合リゾート(IR)に「最高の地」であると、都内で開かれたセミナーで強調。競輪や競馬、パチンコなどのギャンブルが根付いている日本の風土を理由の1つにあげた。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*