オンラインカジノの税金発生タイミングについて疑問があるので質問させて頂きます。

発生タイミング国民カジノ – 39718

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回は オンラインカジノと税金に関する気になる情報 をまとめます。意外と関心がない人が多いかもしれませんが、気付いた時には手遅れ!ってこともあり得ますので、事前にしっかり確認しておいてください。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。 この所得には、次のようなものがあります。 引用:国税庁HP 「No。 また、できるだけ税金を減らすために、収入を得た時の賭け金について把握しておく必要があります。 ちなみに あるオンラインカジノに「支払調書などの必要書類はもらえるのか?」と質問したところ、、、。 支払調書については、自らの手で管理する必要があるようです。 オンラインカジノで税金が発生するタイミングは? その分オンラインカジノの還元率は約95%と高いため、税金を徴収されるのは仕方がないことかもしれません。 あわせて読みたい オンラインカジノの還元率について。

ベストアンサーに選ばれた回答

オンラインカジノの勝利金にも税金が発生します。具体的にいうと、 勝利金に対して「所得税」が課される ことになります。

バナー・ベラジョンカジノ

前者の場合、例え同一社内でも、顧客に対するサービス等はサービスを提供する部門からカジノ部門へと費用が付け替えられることになり、部門間ではアームズレングス(独立事業者間的)な取引が成立している。形式的にはカジノ部門が関連費用を負担し、関連部門が顧客に当該サービスを提供するという形になる。顧客がカジノで消費した一部の金額(カジノ・ハウスにとっての売上)を原資として顧客にサービスとして還元しているわけである。米国連邦歳入庁 IRS は長年この業界による慣行としてのコンプ(対顧客還元サービス)を接待費として利益に算入し、課税対象とすべきことを主張しているが、業界の反対、長年の慣行により、実現しておらず、カジノ産業の主張が通っている。このコンプは売上からの単純な値引きで、接待ではないという建前なのであろう。果たして諸外国ではどうなのかはマーケッテイングの程度・サービスの頻度・程度にもよると思われ、国毎に事情も変るのではないかと想定される。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*