日本のカジノライセンスでトランプ大統領が口利き?!ラスベガス・サンズがポールポジションか。

ポールポジション大阪のカジノ – 678669

数年以内に日本でIRカジノを開設できるライセンスが必ず3つ発行される。その少ない枠を巡って沢山の世界的なカジノ企業が、各地域との連携を深めて、しのぎを削っているのだが、その中でも、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」でも有名なラスベガス・サンズ・コーポレーションが、ポールポジションに立っているという報道が流れた。 その理由として上げられているのが、アメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏が、日本の総理大臣である安倍晋三氏に「サンズを強く検討する」様に求めたという物。 日本政府はこの報道内容を否定したが、真実はどうなのでしょうか。

トランプ大統領はサンズ好き?

世界各地でカジノを展開しているカジノ企業7選 合法となっている国には多くのカジノがありますが、中でも業界のリーディング企業はそれほど多くありません。業界を牽引し、世界各地に巨大なカジノリゾートを展開している有名カジノ企業7社を紹介します。 業界シェアNo。 com ラスベガス・サンズ社(Las Vegas Sands Corp。 日本企業が入るのであれば、候補は2つの企業 3軒のみしか開業ができない法案となっている事もあり、全てが外資となる事は想定しにくい。そう考えると、1軒位は日本企業が作るIRとなる可能性が高い。とすると、選ばれる企業は「セガサミー」と「ユニバーサルエンターテインメント」しかない。セガサミーは、韓国企業と共同で、韓国・仁川国際空港側に、韓国初の統合型リゾート施設「パラダイス・シティ」を運営。ユニバーサルエンターテインメントも、フィリピン・マニラにて統合リゾート(IR)施設「OKADA MANILA」を運営している。 セガサミー 感性を解き放つドラマティックリゾート PARADISE CITYAima…。

日本のカジノライセンス求め、海外オペレーターの動き活発化

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 大阪のIRには、米MGMリゾーツ・インターナショナルと オリックス の共同チーム、シンガポールのゲンティン・シンガポール、香港のギャラクシー・エンターテインメントの3事業者が名乗りをあげている。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 FT お金のトリセツ 人生年の羅針盤 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

resocasi さんのツイート。 日本のカジノの概要を定める法案が完成するまでまだ1年近くはかかりそうだというのに、海外カジノオペレーター各社は既に、将来日本でのパートナーとなり得る地元企業や候補地自治体への積極的なアプローチを行っている。昨年末にカジノ法案が成立するとすぐ、MGMやハードロックカフェなどが交渉のポールポジションを獲得しようと動きを見せた。 関係者によると、今後の筋書きとしては、候補地自治体がオペレーターと組んで、IRのライセンスを得るための入札に参加する形が予想され、そのための詳細な施設計画などの業務は早期からオペレーター側に委ねられるものとみられる。カジノプロジェクトへの参入を目指すある建設会社の幹部は「地方自治体が入札前にパートナー企業の力を必要とするならば、我々も今すぐ動かなくてはならない」と語る。 ある議会関係者は、日本政府は年までにか所の自治体とオペレーターを選び、年までにはカジノオープンが実現するだろう、という。 証券会社CLSAは、日本の2か所のIRの年間売上は億ドル以上に達する可能性があり、さらに多くのカジノ建設が認められれば億ドルに上ることもあると予想している。また他のアナリストからは日本市場が億ドルに相当するという声もある。 経済的に豊かな国民と昨年万人の海外旅行者が訪れた観光地としての魅力を併せ持つ日本のカジノ市場。シンガポールではラスベガスサンズとゲンティンに先を越された海外オペレーター各社は、次こそはと準備に力を入れている。By Resocasi。 HOME レポート 掲示板 オフ会 プログラム イベント リゾカジの歩き方 特集・コラム 初心者のためのカジノ Facebook。

日本のカジノライセンスでトランプ大統領が口利き?!ラスベガス・サンズがポールポジションか。 | ワールドカジノナビ

PICK UP. : :.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*