【カンボジアカジノ情報】ラスベガス・サンホテル&カジノの特徴を徹底調査してみた

オンラインの基礎カジノホテル – 259243

ここの読者にとっても、現在閉鎖中のカジノホテルがいつ再オープンするのかは、大いなる関心事に違いない。  今週は、そんなカジノホテルの動きや当局が示す 営業再開のためのガイドライン 、そして 再開後に直面するであろう難題 などを取り上げてみたい。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

カジノ内での両替の際に手数料を抑えたい人は『ホールドシステム』というものがあります。 手数料なしで一時的に換金してもらい、ゲームの終了後に全額返金するという両替システムです。 例として、為替レート1円=ドンなら、ホールドシステムで1万円をホールドすることによって万ドンを受け取ることができ、ゲームが終わった後にホールドしていた万ドンを返金すると元の1万円 日本円 に換金されるというものです。

カジノのことをもっと知ろう!カジノコラム

こんにちは!バカラ大好き、カジモ編集長の笠原豪です。 この間連休を利用して、 カンボジア旅行 へ行ってきました。 一年を通して暖かく過ごしやすいカンボジア で、遺跡巡りや美味しい料理をしっかりと堪能しましたよ!今日は、そんなカンボジア旅行の話をしようかと思います。 蒼井 那奈 豪君、遺跡巡りなんてしてたの?カジノにしか興味ないと思ってた~。 カンボジアと聞くと、一般の人はまだまだ危険なイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし実際のカンボジアの観光地は危険な場所ではないので安心してください!とくにラスベガス・サンホテル&カジノがある バベット地区はカジノタウンと化している ほどに栄えており、観光地としても活気があります。 ベトナムとカンボジアの国境にあるラスベガス・サンホテルは、カジノを楽しみたい観光客だけでなく、ベトナムの富裕層の人たちが宿泊したり、ビジネス目的で宿泊したりと、 幅広い層が利用しているホテル です。客室は海外の高級ホテルのようなきらびやかさはないものの、清潔に保たれており、ゆっくりとくつろげる空間に仕上がっています。 総客室数は となっており、 Wi-Fiの利用も可能 です。カジノを利用する人は優遇される傾向にありますが、レジャー目的の家族なども多く滞在しているので、宿泊していて居心地の悪さなどもありません。 アジアンテイストのレストランが併設されており、 本格的な郷土料理が楽しめます 。ベトナムの生春巻きや独特な甘みのベトナムコーヒーなど、ベトナム人向けのメニューが充実しているイメージです。残念ですが、日本食を提供してくれるレストランは見つけることができませんでした。

ラスベガスの基本情報

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*