PAYPAY、「COKE ON」アプリ対応。コカ・コーラの対応自販機で利用可能に

デビットカードを追加する自販機 – 148873

販促 /年12月21日。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社

サントリー食品インターナショナルは、自動販売機とスマートフォンアプリを連動させ、企業の「健康経営」をサポートするポイントサービス「サントリー GREEN+(グリーンプラス)」に、年12月下旬より、ウォレット機能(グリーンマネー)を新たに搭載すると発表した。 利用者は、まず「サントリー GREEN+(グリーンプラス)」アプリ内で使用するクレジットカード情報を登録。また、同アプリ内で、登録したクレジットカードから対象自動販売機で使えるグリーンマネーをチャージし、その金額を使用して、対象自動販売機のサントリー飲料を購入することができるという。 登録時に使用可能なクレジットカードは、MasterCard、Visa、JCB、American Express、Diners Club、Discoverの6種になる。また、チャージ可能な単位は、1,円・3,円・5,円で、年2月28日までの期間限定で、1,円につき5%(50円)、3,円につき7%(円)、5,円につき10%(円)のボーナスが加算される。さらに、グリーンマネーの有効期限はチャージ後6カ月となっている。 注目ニュース ペイメントニュース PCI DSSカードセキュリティナビ カードナビ 流通・コマースNavi 金融情報Navi クレジットカード・キャッシュレスNavi 関連企業ナビゲーション メニュー。

Group site links

キャッシュレスでの支払いによって、消費者に様々な可能性を提供します。多忙であったり、小銭をちょうど持っていなかったり、または外国人旅行者が日本円をまだ持っていなかったりとといった場面で大変便利です。クレジットカード・デビットカードをはじめ、職場や大学などのクローズド環境で使えるプリペイドカード、最近ではSMSやApple Pay、Google WalletやNayaxのMonyxウォレットアプリでの決済も人気です。

年内に1万台の設置を見込む

TechCrunch 注目記事「 新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選 」。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*